民進党は16日午後、尊厳ある生活保障総合調査会(前原誠司会長=衆院議員)総会を国会内で開催。慶応義塾大学経済学部の井出英策教授から「『大らかな民主主義を』をめざして」をテーマに、東京大学先端科学技術センターの熊谷晋一郎准教授から「相模原事件、重度身体障害者、薬物依存症者、精神障害、障害児を持つ家族の問題などを通じて、健常者にまで普遍化される『依存先の少なさ』『不要とされる不安の蔓延』という問題をテーマに講演を聞き、意見交換を行った。

 冒頭、あいさつに立った蓮舫代表は、本日のテーマでもある相模原事件に言及し「不必要な人はいない。誰もが必要とされている社会、その共生社会は私たちが目指している理想であり、現実に作っていきたい」と発言した。

 前原会長は、アベノミクスの理論的支柱であったエール大名誉教授の浜田宏一内閣官房参与がアベノミクスの失敗を認めたことに触れ、「今の延長線上では日本の将来を描けないのは明らかだ。皆さんに応分の負担をしてもらい、同時に受益者になっていただく。(私たちが目指している)方向性は絶対に間違っていない」と力を込めた。